スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BVE運転用 225系(もどき)運転台作成中

お久しぶりです。
申し訳ありませんが、今回は環状線の進捗状況の報告ではありません。
(でも、延伸は進めています。Twitterでも上げているように、現在天満駅作成中(ほぼ完成))

2016 BVE大阪運転会が終わってからは、腑抜け状態となり、1週間ほどBVEから離れていましたが、
運転会会場にて「来年は縦軸2ハン運転台ヨロ」などと言われちゃいまして、売り言葉に買い言葉。
「まかしとかんかい!」と吠えてしまったことを思い出し、
(それまでも225系の運転台もどきは作りたいなーと思ってましたが…)「それじゃあ」ということで
作成を開始しました。
また、ある方から,、運転台作成に欠かせないものを頂くことが出来た事も、背中を押した一因です。

さて、今回は運転台の心臓部の一つであるブレーキの作成風景を写真と共にお送りしたいと思います。
まずは、ザザーッと部品紹介。

20160804-1.jpg
左下から、ピロー(ベアリングと固定部材がセットになったもの)、円形の鉄板
(ブレーキのノッチを刻むための部材で、特注品)、ギヤ、アルミパイプ、
水道の蛇口(必要な長さにカット済)、上段左へもどり、角材(ピローを固定する部材)、ブラケット(大)と(小)
となります。
円形の鉄板以外はホームセンターやモノタロウ(わからん人は検索)で購入できるものばかりです。
円形の鉄板は「きりいたcom」にて作成。一枚1000円ちょいでした。
部品構成は、結構単純ですよ。

20160804-2.jpg
角材(ピローを固定する部材)の長さは約10㎝。真ん中の穴は円形の鉄板に穴をあけており、
その穴にベアリングの球が当たることによりノッチ感を出すという仕掛け。ベアリングの球は
裏側からスプリングにて押し込む様にしており、スプリングの強さは角材にネジ込みを作ることで、
ナットを締め付ける強弱で調節できるようにしています。
(角材に一発で穴を開けないといけないので、位置合わせに苦労しました)

20160804-3.jpg
円形の鉄板の固定は、ブランケット(階段などの手すりを固定する器具)にて軸になるアルミパイプ(直径25㎜)に
固定しています。ブランケットには鉄板を固定できるネジ穴を、当方にて開けています。

20160804-5.jpg
ノッチの位置をBVEに信号として伝えるためのギヤで、真ん中にブランケットを取り付けています。
(ブランケットの種類は先のものとはタイプが異なりますので注意。本来の用途は手すりなどを支える
という意味で同じです)このブランケットにもアルミパイプに固定するネジ穴を開けています。

20160804-6.jpg
仮組した写真で、ギヤ部は取り外した状態です。
木材部にあるナットは、ノッチ用ベアリングのスプリングの強弱を調節するナットです。
鉄板にたくさん穴が開いてところが見えますが、あの穴の部分にベアリングが当たり、
カチャカチャと音がなり、感触が伝わります。
(実車ではもっと低い重そうな音が出ますが、この225もどきでは軽い音しか出ません。どうにかしたいけど…)

20160804-7.jpg
20160804-8.jpg
仮組の全体写真となります。ちょっと円形鉄板が大きかったようです。不要部分のカットをしようか考え中。

20160804-9.jpg
PCへの入力端子(BU0863)に接続するためのボリュームと固定治具。
ボリュームはAタイプとBタイプ、Cタイプがあるらしく、ここではBタイプを使用します。
(ボリュームはごく普通の汎用品で、始め、Aタイプを購入してから、某氏に確認すると「Bタイプやでー」と言われ、
かなり凹んだあの瞬間…)
ボリュームの取り付け穴のサイズが6㎜です(普通のL型金具は穴が4㎜となるので、ドリルで大きくして取り付け)

20160804-10.jpg
ボリュームにギヤを取り付けて、ブレーキハンドルの位置を電気信号としてPCへ送ります。
もちろんギヤ比を計算しないといけません。数学弱いのでさっぱりでした。
ボリュームの滑り止めとして、ギヤにも穴をあけてネジで止めています。

20160804-11.jpg
20160804-12.jpg
台座に金具にて固定して一応完成。ハンドル握り部分は現在3Dプリンターにて作成してもらってます。
(ある方にご協力いただいています。この場を借りてお礼申し上げます。あ、もちろん代金支払いますよ。)
ノッチも同じ感じで(円形円盤以外まったく同じ)作成しています。

写真はないですが、逆転器の作成で頭悩ませています。
上記の作成方法では、あのパチンパチンという感触が得られないからです。
また、まとまりましたら報告したいと思います。

とまあ、あんまり参考にならない、とりまとめのない文章と紹介となりましたが、これを機に「BVEオウチ運転台」
目指してみませんか?
かなり手ごろに材料は手に入りますので、あとは、やる気と根気と五木のセレットです。
(これ知ってる人はそれなりに年配ですw)
あと一つアドバイス。よく考えて(出来れば材料の現物を見て)材料発注しましょう。
実は、無駄材料の発注し過ぎで、もう一つ作れるくらいの金額を使い、使わない材料がゴロゴロしてますんで。
使い道のない材料。どうしよう…


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

さかしん(堺川信号所)

Author:さかしん(堺川信号所)
BVE大阪環状線を公開中。
ぼちぼちの更新ですが、どうぞよろしくです。

Twitter...
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
公開期待度数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。